GMOグローバルサイン > 会社について > グローバルサインとは

政府レベルのセキュリティを世界展開

GMOグローバルサインは、SSLサーバ証明書ベンダーとして20年以上の経験を持つ信頼の第三者認証局です。
電子認証サービスが登場し始めた1996年より、ベルギーでのサービス提供を開始しました。ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID(BELPIC)をはじめとするベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っています。
2006年よりGMOインターネットグループの一員となり、電子証明書を発行する認証局として、累計2,500万枚以上の発行実績を持ちます。
パブリックルート認証局として、日本をはじめアメリカ・ヨーロッパ・アジアに拠点を置き、政府レベルのセキュリティをワールドワイドに提供しております。
※認証局とは:ネットワーク上に存在する人間の身元や組織を保証する身分証明書を発行する機関。
※eIDとは:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。

世界9拠点

開発拠点は日本国内 革新的なサービスを創出し続けます

グローバルサインは、サービス開発を日本国内で行っており、国内はもとより、世界のさまざまなニーズに対応した証明書サービスを展開しております。
お客様のご要望に応えるべく、これまで独自のサービス(マイナンバーのオンライン確認・ホスティング事業者向けワンクリックSSLサービス・証明書有効期間のカスタマイズオプション)を実現し、また業界に先駆けて「全証明書で後払い標準対応」「登記簿謄本代理取得サービス」を開始いたしました。これからも、常に業界の常識を破る革新的なサービスを世の中に送り出すべく、新しいことに挑戦し続けます。

革新的なサービスを創出

これまで実現させた独自のサービス

ワンクリックSSL

2008年より提供開始した「ワンクリックSSL」は、グローバルサインが世界で最初に実現させたホスティングサービス事業者向けAPIサービスです。CSR生成や鍵管理からサーバ証明書のインストールまでの一連のプロセスを全自動化、SSLをワンクリックで設定することが可能です。

ネット選挙運動のなりすまし対策

2013年より提供開始した「候補者・議員・首長・政党認証サービス」は、電子証明書を用いてインターネットを使った選挙運動で懸念されるウェブサイトや電子メールの“なりすまし”を防止するためのサービスです。

マイナンバー

2016年より提供開始した「マイナンバー制度対応 GMOオンライン本人確認サービス」は、マイナンバーカードに格納されている電子証明書を利用し、オンラインで公的な本人確認を完了できるサービスです。

WebTrustWebTrust規準を満たしたルート認証局は、代表的なウェブブラウザに「信頼されたルート証明機関」として登録されます。弊社は、年次でWebTrustの厳正な監査基準に基づく審査を受け、その都度合格しています。
サイトシールは、グローバルサインの認証サービスを受けていることの証明であり、SSLサーバ証明書を導入しているウェブサイトだけが利用可能なアイテムです。10,000以上のウェブサイトで利用されています。